カードローンを学生が利用する方法

高校を卒業して大学や専門学校に進学すると、これまで以上に多くのお金が必要となります。
交友関係も広がり、サークル活動などにも多額のお金が必要になるでしょう。さらに就職活動や将来の資格取得などの「前向き」な理由でも多くのお金を必要とします。

 

しかも親元を離れて自活しながら学校に通う方も多い中で、お金に困る学生も多いのではないでしょうか。アルバイトなどで収入を得ていても、体調を壊して一時的にお金が不足することもあるでしょう。そのような場合には、学生の方でもカードローンが利用できるのでしょうか。

 

学生がカードローンを利用する条件は2点

最近では学生でも利用できるカードローンが多くなっています。
これまでの「学生専用ローン」に合わせて、一般のカードローンでも学生の利用を認めている商品が多くなっています。

 

その条件としては次の2点を挙げることができます。

 

@20歳以上であること
同じ学生であっても、20歳未満ではカードローンを利用することはできません。
20歳未満の未成年に対する金銭契約は、保護者(親など)の同意が無い場合無効となるリスクがあるためです。

 

そのため、ほとんどの金融機関では20歳未満の利用を認めていません。
当然、学生の中でも高校生の世代はカードローンが利用できないことになります。

 

A安定した収入
学生であってもカードローンを利用するには審査に合格する必要があります。
審査ではやはり「安定した収入」が一番大きなポイントとなります。

 

アルバイトなどで定期的な安定収入が認められなければ、審査には合格することはできません。「親からの仕送り」といった収入は、安定した収入とは認められませんので注意しましょう。

 

基本的に審査では収入の多さよりも安定性を重視する傾向があります。
そのためアルバイト収入が安定さえしておけば、審査に合格できる可能性が高くなります。

 

ただし学生対象の場合には、借入限度額は「50万円」が目安といわれています。
それでも一時的な出費には十分な額といえるのではないでしょうか。

 

利用にはきちんとした計画性を

借りたお金は当然きちんと最後まで返済しなくてはいけません。
しかもカードローンの場合には、借りたお金以上に利息を合わせて返済する必要があります。
学生対象だからといって金利が優遇されるようなこともありません

 

カードローンを利用する場合には、きちんとした計画性が大切です。
自分の収入で返済できる範囲での借入を心がけましょう。また必要以上の借入を控えるとともに、借りたお金はなるべく早い段階で完済できるようにしましょう。

 

学生時代は将来の自分を決定する大切な時期でもあります。
多額の借金を抱えたまま、社会人生活に入ることのないように十分注意しましょう。