カードローン返済のポイント

カードローンの利用で一番大切なことは何でしょうか?
それは「きちんと最後まで返済する」ということではないでしょうか。

 

借りたお金は最後まで返済しなくてはいけません。
しかもカードローンの場合には、借りたお金に利息を加えて返済する必要があります。

 

万が一返済できなくなると、以後の人生にも大きな影響を与えることになります。
現在の法律ではテレビドラマで登場するような威圧的な「取り立て」は禁止されています。
その分回収作業は法律に則って粛々と進んでいくことになります。

 

裁判所の決定により給料や資産が差し押さえされ、その決定には逆らうことはできません。
そのような状況に陥らないようにするには、きちんと返済のことを考えながらカードローンを利用することが大切です。

 

とにかく1日でも早く返済する

借金はとにかく1日でも早く返済することが鉄則です。
返済が長期化するほど支払わなくてはいけない利息が膨らんでいきます。

 

例えば50万円を年利18.0%で1年間借りると、利息が9万円程度発生します。

 

借入した50万円は自分が必要だったお金ですが、それに合わせて使用しない9万円を返済しなければいけないのです。

 

ところが同じ借入を1ヶ月で返済することで、利息は7,000円程度で抑えることができます。
さらに短期間であれば「無利息」というカードローンも登場しています。

 

早く返済するためには、借入前に返済期間が長くならないように計画を立てることが大切です。それに合わせて余裕があるときには、繰り上げ返済などを行い、少しでも借入元金を減らすように努力しましょう。

 

カードローンの多くは「日割り計算」で利息が付加されていきます。
1日でも早く返済することで少しでも利息を少なくすることが可能になります。

 

借金の「見える化」を行う

カードローンを利用されている方の中で、毎月の返済額、支払利息額、借入残高、完済予定日などを正確に把握できている方は、意外と少ないのではないでしょうか。多額の借金に苦しむ方のほとんどは、自身の借金についての情報をよく把握できていません

 

そのために余計な借金を繰り返したり、返済期間が長期化してしまうのです。毎月きちんと返済していたのに、実はほとんど利息に充当されていた、ということはよくあるケースです。

 

このような状況を防ぐために、借金の「見える化」を行うようにしましょう。
パソコンのエクセル機能などを活用し、借金の一覧表を作成し、目立つ場所に貼りつけるなどして借金の整理を行うのです。

 

「借入金額」「返済額」「借入残高」「最終期限」などを一覧表にすることで現状を正確に把握することができます。目立つ場所に貼りつけることで、借金返済に対する意識も高めることができるでしょう。