カードローン金利の仕組み

金融機関からお金を借りるときに一番気になるのが「金利」の問題でしょう。
しかし「金利や利息のことがあまりわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

たしかに金利のことをよくわからなくても、毎月返済を続けていけばいつかは完済できます。
しかしそれでは思いもかけない失敗をしてしまうかもしれません。「知らない間にたくさんの返済を行っていた」という状態にならないためにも金利についての知識はしっかり身につけておきましょう。

 

カードローンの金利とは?

カードローンでお金を借りた場合には、借りたお金に対して「利息」を支払う必要があります。「利息」とは一定期間お金を借りる場合の「手数料」のようなものです。

 

そしてその「手数料」が借りたお金に対してどれだけの「割合」で発生するのかを示すものが「金利」です。

 

カードローンの金利は「15.0%」というように「割合=%」で示されます。
例えば「金利15.0%」というのは借りたお金に対して15.0%の利息を支払う必要があるということです。

 

そしてカードローンの金利には通常「年利」が用いられます。
つまり借りたお金に対して「1年間で何%」の利息が発生するのかを示しています。

 

また現在のカードローンでは「実質年利」を用いることが金融業者に義務付けられています。
ローンを利用する場合、利息以外にも様々な費用が発生することがあります。

 

例えばローン手数料、事務手数料、保証料などを利息以外に別途負担しなければいけない場合があります。しかし「実質年利」ではこれらの費用負担を全て含んだ計算になっています。利用する側としては返済負担が分かりやすいといえるでしょう。ただしカードローンの場合、提携ATM手数料などは別途発生することもあります。

 

「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融業者には要注意です。
一見金利が低く見えても、契約後に手数料や保証料と称して多大の負担を強いる危険性があります。法律を無視して営業を行っている「闇金」の可能性が高いので注意しましょう。

 

カードローンの金利計算方法

カードローンの金利は日割り計算で行われます。

 

そこで「実質年利」を用いた計算は次の式で行われます。

・利息=借入金額×金利(実質年利)÷365日×借りた日数
例えば10万円を実質年利18.0%で借りて1ヶ月(30日)で返済した場合の利息は次のようになります。

 

・10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円
10万円を実質年利18.0%で借りて翌月に一括返済を行う場合には、借りた元金10万円に合わせて利息1,479円を支払う必要があるということになります。

 

ただしカードローンを利用する場合、多くの方が「分割」で返済していくでしょう。
借りたお金を毎月の返済日(約定日)に少しずつ返済していくことになります。

 

 

このケースで「毎月1万円の元金均等で返済」する計算方法を見てみましょう。

・1ヶ月目
借入残高は10万円なので、利息額は10万円×18.0%÷365日×30日=1,479円。
これに元金1万円を合わせて、返済金額は11,479円。

 

・2ヶ月目
借入残高は9万円なので、利息額は9万円×18.0%÷365日×30日=1,332円。
これに元金1万円を合わせて、返済金額は11,332円。

 

・3ヶ月目
借入残高は8万円なので、利息額は8万円×18.0%÷365日×30日=1,184円。
これに元金1万円を合わせて、返済金額は11,184円。

 

これを借入残高が無くなるまで続けていくことになります。
この例では、返済回数は10回、利息総額は8,139円となります。

 

ただしこのケースでは「毎月元金1万円の元金均等返済」という返済方式で計算した例です。
「返済方式」の違いにより同じ金額、同じ金利であっても、毎月の返済金額が異なってきますので注意しましょう。

 

カードローン会社のホームページでは、借入金額や金利を入力するシュミレーションツールが準備されていますので活用しましょう。