カードローン金利の比較

カードローンの金利は各社で異なっています。できるだけ低い金利で借りたいと考えるならば、情報をたくさん入手して金利を比較・検討する必要があります。

 

それと同時に借入限度額や審査スピードなどが自分に合ったものなのかも確認しておくようにしましょう。

 

カードローン金利の最下限金利と最上限金利

カードローンの金利には最下限金利と最上限金利が設定されています。
例えば商品案内などには「実質年利4.8%〜18.0%」という表示がされています。

 

この場合「4.8%」が最下限金利、「18.0%」が最上限金利となります。
4.8%で借りることができる方と18.0%で借りなければいけない方がおられるということになります。

 

カードローンの金利は申込を行った後の審査で決定されます。
返済に対するリスクが低いと判断されると、適用金利を低くしてたくさん借りてもらおうとします。逆に返済に対するリスクが高いと判断されると、そのリスクをカバーするために適用金利を高く設定します。

 

とくに初めての利用者に対しては、これまでの返済実績が無いことから返済リスクも予想できません。そのため初回利用者ではほとんど場合「最上限金利」に近い金利設定となります。利用を継続していく中で、信用力をつけていき、適用金利も徐々に引き下げられる傾向にあります。

 

「最下限金利」が低いカードローンには大きな魅力を感じます。
しかしカードローンの金利を比較する場合には「最上限金利」により注目するようにしましょう。

 

カードローン各社の金利比較

カードローンの金利は一般的に「銀行系」が低く、「消費者金融系」が高いといわれています。やはり顧客の預金を運用できる「銀行系」のカードローン、特にネット銀行系のカードローンの金利の低さは魅力です。

 

ただし「銀行系」は審査基準も厳しい傾向にありますので、自分の状況に合わせて申込先を選別するようにしましょう。ここでは各社の金利と借入限度額を比較してみます。

 

○銀行系カードローン

  • 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック:10〜500万円:4.6〜14.6%
  • 三井住友銀行カードローン:10〜800万円:4.0〜14.5%
  • みずほ銀行カードローン:10〜1,000万円:3.5〜14.0%
  • りそなプレミアムカードローン:50〜800万円:3.5〜12.475%
  • りそなクイックカードローン:30〜100万円:12.475%
  • 新生銀行カードローン レイク:1〜500万円:4.5〜18.0%
  • 東京スター銀行スターカードローン:10〜500万円:4.5〜14.6%
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース): 10〜1,000万円:2.49〜7.99%
  • 住信SBIネット銀行Mr.カードローン(スタンダードコース):10〜300万円:8.99〜14.79%
  • イオン銀行カードローン:30〜800万円:3.8〜13.8%
  • 楽天銀行スーパーローン:10〜500万円:4.9〜14.5%
  • オリックス銀行カードローン:800万円:3.0〜17.8%
  • じぶん銀行じぶんローン:10〜500万円:3.9〜17.5%
  • ジャパンネット銀行ネットキャッシング:10〜1,000万円:2.5〜18.0%

 

○消費者金融系カードローン

  • プロミス:1〜500万円:4.5〜17.8%
  • モビット:1〜800万円:3.0〜18.0%
  • アコム:1〜500万円:4.7〜18.0%
  • ノーローン:1〜300万円:4.9〜18.0%
  • オリックスカードレスVIP:30〜800万円:3.0〜16.6%
  • オリックスVIPローンカード:30〜800万円:3.0〜16.8%