カードローンのメリット

ちょっとした出費でお金が足りない!!
このような場面で役立つのが「カードローン」です。

 

「カードローン」という言葉自体聞いたことがないという方は少ないでしょう。
一方「カードローンとは何?」という質問に正確に答えることができる方も少ないのではないでしょうか。

 

カードローンとは?

カードローンとは文字通り「カードを使ったローン」のことです。
審査に合格すると借入専用のカードが発行されます。

 

そのカードをATMやCDに投入して現金を引き出すことで借入を行います。ちょうど銀行のATMからキャッシュカードで現金を引き出す要領ですが、カードローンはあくまで借金です。自分のお金を引き出すわけではありませんので借り過ぎないように注意しなくてはいけません。

 

ちなみにATMとは「現金自動受払機」のことで、現金の入金・出金の両方を取扱できます。
一方CDとは「現金自動支払機」のことで、現金の出金はできますが、現金の入金は行うことができません。カードローンは借入時だけでなく返済時にもカードを使用しますが、CDでは返済手続きを行うことができません

 

最近ではカードを使用しないで指定した銀行などの口座に融資金を振り込むサービスが付与したカードローンも増えています。インターネットや電話などから申込手続きを行うと、早ければ瞬時に振込が完了します。通常振込手数料は発生せず、わざわざ来店する必要もありません。「今日は家賃の支払い日だったが銀行に行く時間が無い」という場面などで役立つサービスです。

 

カードローンのメリットは?

個人ローンには大きく「目的ローン」と「フリーローン」の2種類があります。
「目的ローン」とは住宅ローンや教育ローン、カーローンといったようにお金の使い道(資金使途)があらかじめ決められている商品です。

 

一方「フリーローン」は資金使途が限定されません。
借りたお金は何に使おうが利用者の裁量次第であり、自由度の高いローンといえます。

 

カードローンはこのうちフリーローンに分類されます。
カードローンで借りたお金を何の目的で使用するのかは、借りた利用者の自由です。
しかも利用の都度その目的を金融機関に申告する必要はありません。旅行代、書籍購入、生活費の足しなど様々な用途に使用することができます。

 

「利用の都度」ということは、カードローンは「何度でも利用することができる」という意味でもあります。カードローンには借入可能な「借入限度額」が設定されます。

 

「借入限度額」の範囲内であれば、基本的に何度でも自由に借入することができます。一度借入限度額いっぱいまで借入を利用したとしても、その後の返済により借入限度額に空き枠が生じれば、その空き枠を何度でも使用することができるのがカードローンの大きな特徴です。

 

このような契約を「当座貸越契約」といい、カードローンの基本契約となります。

 

また民間金融機関のカードローンはそのほとんどが「無担保・無保証」です。
借入利用に際して担保を提供したり、保証人を準備する必要がありません。
資金使途が自由な点と合わせて、比較的審査手続きが簡単な点もカードローンのメリットといえるでしょう。

 

実際に申込から契約までの時間も短くて済み、申込を行ったその日に融資可能な「即日融資」に対応したカードローンも多く商品化されています。急な出費に対応できるローンとしてはカードローンが最適といえるかもしれません。