カードローン申込方法の比較

現在のカードローンには様々な申込方法が準備されています。
自分の生活スタイルや都合に応じて選択できるようになっていますので非常に便利です。

 

利用を考えているカードローン会社にどのような申込方法が整っているのか確認しながら、比較・検討するようにしましょう。

 

インターネットでの申込

現在主流となっているのがインターネットを利用した申込方法です。
各社のホームページにはいくつかの必要項目を入力すると、ある程度借入可能かどうか瞬時に判断できる「簡易審査」などのツールも準備されています。

 

通常は24時間365日受付可能ですので、日中多忙な方でもじっくり申込手続きを進めることができます。

 

自宅に居ながら申込でき、本人確認書類などの必要書類も画像化して送信できます。
早ければ30分程度で審査が完了し、メールなどで結果が送信されます。そのまま契約内容に同意後、借入を利用することも可能です。

 

ただし借入専用カードを郵送扱いに指定すると、カードが手元に到着するまで借入できないことになります。この場合は融資方法を「振込」に指定するか、カード受取方法を「店頭・自動契約機」に指定することもできます。このあたりの対応は各社で異なっていますのであらかじめ確認しておくようにしましょう。

 

店頭での申込

直接店頭窓口を訪問して申込を行う方法です。
担当者と顔を合わせて話ができますので、カードローン利用の問題点や不安をその場で解消できるでしょう。

 

銀行窓口はたいてい「平日の15時」までとなっています。
消費者金融は比較的遅くまで営業している先もありますが、くれぐれも営業時間には注意しておきましょう。

 

その場で申込受付と審査も進めることができ、問題なければ1時間程度で契約も完了させることができます。契約後借入カードが発行されますので、店頭に設置されているATMやCDから借入が利用できます。

 

無人契約機での申込

多くの消費者金融や一部の銀行でみられる無人契約機を利用する申込方法です。
「無人」とはいっても内部は専用カメラでモニタリングされていますので、不審な行動は慎むとともにある程度服装などにも注意しておきましょう。タッチパネル操作で簡単に手続きでき、不明な点は専用電話で担当者に問い合わせることもできます。

 

早ければ30分程度で審査が完了し、その場で契約と借入カードの受取を済ませることができます。脇に設置されているATMやCDから借入を利用しましょう。

 

電話での申込

自宅の固定電話や携帯電話・スマートフォンからの申込方法です。
24時間受付している先も多く、フリーダイヤルなので通話料を気にする必要はありません。

 

質問事項に答えていくことで手続きが進んでいき、早ければ30分程度で審査結果が回答されます。無事審査に合格できればカード受取や振込などで借入を利用することができます。

 

郵送での申込

申込用紙を店頭やFAXなどで取り寄せして申込を行う方法です。
自宅に居ながらじっくり書類を記入することができ、機械操作に不慣れな方でも安心です。
申込用紙とともに、本人確認書類などの必要書類を同封することを忘れないようにしましょう。

 

審査受付は申込用紙が会社に到着してからとなります。
そのため借入までにはやや日数を必要とします。