カードローンをおまとめする方法

ちょっとしたお金の不足に非常に手軽に借入できるのがカードローンの利点です。
しかし手軽な反面、少し油断すると「借り過ぎてしまう」状況に陥ってしまうのもカードローンの特徴のひとつです。

 

気がつけばたくさんのカードローンが残ってしまい、毎月の返済が大変という方も多いのではないでしょうか。
そのような場合には、一度「おまとめローン」の利用を検討してみましょう。

 

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、文字通り「複数の借金をおまとめ=一本化する」ローンのことです。
より金利の低いおまとめローンを利用するで、利息の返済負担を減らすことも可能です。
その手順は次の通りです。

 

@おまとめローンを提供している金融機関に申込を行い審査を受ける。
現在のカードローン残高分のおまとめローンを申し込む。

 

A審査に合格して融資を受ける。

 

B融資金で現在のカードローンを完済する。
完済時には清算利息を支払う必要があります。

 

Cおまとめローンを借入した先に返済を続ける。

 

複数のカードローンをがひとつになったことで、これまでまちまちだった返済日や返済金額もひとつになります。毎月の返済管理だけでも大変だった状況から脱出できるというわけです。

 

さらに借入前と借入後の金利の差が大きいほど、以後支払う利息の負担を大幅に減らすことも可能になります。おまとめローンを利用する場合には、なるべく金利の低い先を選択するようにしましょう。

 

おまとめローンのデメリット

もちろんおまとめローンといっても借金には変わりありません。
その性質上いくつかのデメリットがあることも、きちんと認識しておきましょう。

 

@審査が厳しい
おまとめローンはどうしても借入金額が高額になる傾向があります。
その分審査基準は厳しく成らざるを得ません。

 

これまでの返済に必死だったという状態では、審査に合格するのが難しいかもしれません。さらにこれまでの返済に遅れが生じていた状態では、まず審査に合格することはできないでしょう。

 

A利息返済負担が増えるケースも
おまとめローンを利用する場合には、きちんとした返済シュミレーションが欠かせません。ひとつ間違えると、利息返済負担が増えてしまうこともあります。

 

毎月の返済額自体は少なくなったものの、最終期限が延長されたことにより、結果的に支払利息総額が増えてしまうケースです。不明な点は担当者と打ち合わせするなどして、このような失敗を防ぐようにしましょう。

 

B追加借入ができない
おまとめローンは基本的に返済専用のローンです。
たとえ借入限度額に空き枠があったとしても、基本的にはその空き枠で追加融資はできません。またおまとめローンを利用した後、他社で新たなローンを利用することは避けるようにしましょう。

 

金融機関によりますが、おまとめローンの契約違反として一括返済や違約金を請求されることもあります。そもそも返済負担を減らす目的でおまとめローンを利用したのですから、新たな借金を増やしたのでは意味がありません。