カードローン審査のポイント

カードローンを利用するうえで避けて通ることのできないのが「審査」です。
低金利のカードローンを利用したいと考えても、審査に合格しなければどうしようもありません。カードローンの審査のポイントはどのような点なのでしょうか。

 

カードローンの審査基準

ある大手の消費者金融の商品案内には、利用できる方として次のような表示がされています。
「20歳以上69歳未満の、安定した収入があり、当社基準を満たすことのできる方」

 

この表示を3つに分類して考えてみましょう。

 

「20歳以上69歳未満」

カードローンの利用には「年齢制限」があります。
まず20歳未満の未成年の利用を制限しています。

 

未成年の金銭契約は保護者(親など)の同意が無い場合、無効となるリスクがあります。
また69歳以上(会社によっては65歳などの制限もあり)の高齢者の利用も制限しています。

 

高齢者の場合には、利用途中で残念ながら亡くなってしまうというリスクがあります。
これらのリスクを避けるために、あらかじめ利用できる年齢を制限しています。

 

安定した収入

カードローンの審査では「利用者の返済能力」を判断することになります。
そこで最も重要視される点が「安定した収入」というポイントです。
利用者の安定収入から毎月きちんと返済できるかどうかを判断することになります。

 

ここでいう「安定した収入」とは単に収入が多ければいい、というものでもありません
例えば前年度は年収600万円だったが今年度は年収200万円の方と、毎年コンスタントに年収400万円の方では、後者が審査では有利とされています。

 

「安定した収入」の基準は各社で異なっており、一概に「年収○○円以上」ということはありません。次の「当社の審査基準」と同様、利用者の状況などに合わせて総合的な判断が行われることになります。

 

当社の基準を満たす方

この点がカードローン審査を難しく考えてしまう文言といえるでしょう。
非常にあいまいな表現ですが、「審査基準」とは各社で異なっており、また一般的には公表されていません。しかしカードローンの審査の目的が「利用者の返済能力」を判断することを考えると、ある程度常識の範囲で想像することは可能です。

 

先ほどの「安定した収入」と合わせて、各審査項目の可否は常識の範囲で考えることができるでしょう。

 

その「審査項目」とは「申込書」の内容に記載した項目が比較対象と考えることができます。
「年収」の他、「勤務先」「勤続年数」「他社の借入」「家族構成」など申込書に記載(もしくは入力)した全ての項目内容が審査に影響を与えると考えておきましょう。

 

現在の審査は「スコアリング」

ただしこれらの審査項目を会議室で担当者同士が話し合いを行うようなことは、現在ではまずありません。現在のカードローンの審査は「スコアリング」で行われています。

 

審査項目に点数を付与してその合計点数で、審査の可否を判断しています。
ちょうど学校の入学試験の要領で「○○点以上で合格!!」というわけです。

 

当然各審査項目の内容が「返済能力に比較して問題ない」程高い点数となります。
例えば「大企業に勤めていると高点数」「他社の借入が多ければ低点数」といった要領です。
このあたりもある程度「高い点数」「低い点数」の目安は想像で考えることができるでしょう。

 

スコアリング方式の審査で、カードローンの審査は素早い回答が可能になっています。
その分非常にシビアな結果が出る仕組みにもなっています。