カードローンを主婦が利用する方法

家庭内で財布のひもを握っているのは、やはり主婦でしょう。
そのため日常生活の中でお金が不足した場合、カードローンを利用したいと考える主婦の方も多いのではないでしょうか。

 

またママ友同士の交流などや、ちょっとしたおしゃれをしたい時などにも、カードローンでお金を借りたいと考えるのではないでしょうか。

 

カードローンは男性サラリーマンが対象という印象があります。
しかし最近では主婦の方でも利用できるカードローンが増えてきています。
ここではカードローンを主婦が利用する方法などについて考えてみましょう。

 

主婦がカードローンを利用するには

主婦のカードローンの利用を考える場合、その対象は大きく2つに分けることができます。
まずパートやアルバイトなどで自分自身の収入がある主婦のケースです。

 

最近ではパートやアルバイトでも「安定した収入」が認められれば、カードローンを利用できるようになっています。ただし「総量規制」の対象となるカードローンでは「年収の3分の1」を越える借入ができません。

 

パートやアルバイト収入自体がそれほど高額ではないでしょうから、借入できる金額もそれほど多くは望めないかもしれません。それでも一時的な出費などには十分対応できる借入も可能なケースが多くなっています。

 

「総量規制」の対象外のカードローンであっても、借入可能額は年収に大きく左右されます。
カードローンの審査を考えた場合、同様のことがいえるのではないでしょうか。

 

一方自分自身の収入を持たない専業主婦のケースでは、カードローン会社により次の2つに対応が分かれています。

 

  1. 利用者本人に収入がないためにカードローンの利用を認めていない先
  2. 配偶者(夫など)の収入を合算して審査を行う先

 

専業主婦がカードローンの利用を希望する場合にはAの対応を行っている先を探し出し申込を行う必要があります。この場合でも配偶者(夫など)の収入を証明する書類の提出と共に、配偶者の同意や配偶者を保証人として要求するケースが多くなっています。

 

とくに最近の傾向では余計なトラブルを回避するため、配偶者の意思確認が厳密に行われる傾向にあります。大手程その傾向が強いですので「夫に内緒で借りたい」と考えても難しいかもしれません。

 

女性専用カードローンがお勧め

主婦の方にとくにお勧めしたのが「女性専用カードローン」と呼ばれる商品です。
借入対象者を女性に限定したカードローンが、最近では各社で商品化され人気を集めています。その特徴は「スタッフが全て女性」であるという点です。

 

男性スタッフに対して収入などの話を行うことにためらいを感じる女性の方も多いでしょう。
しかし同じ女性に対してであれば、安心して話を行うこともできるのではないでしょうか。
審査を含めた疑問点を素直に尋ねることができるメリットは、カードローンの利用でも重要なポイントとなります。

 

ただし女性専用カードローンとはいっても、審査基準その他は一般カードローンと同様変わるところはありません。女性だからといって審査が有利になることや、金利が優遇されるということはありません。とくに審査面では専業主婦などのように、自身に安定した収入が無いケースでは厳しく判断される傾向にありますので注意しましょう。